小さな体で大きな力|美しいバストが手に入ると口コミでも評判の高いプエラリア
家族

美しいバストが手に入ると口コミでも評判の高いプエラリア

小さな体で大きな力

栄養補助食品

発見から開発まで

ユーグレナとは、田んぼや池の水を顕微鏡で観察した時に見ることができる、ミドリムシの学名です。5億年以上前に原始の地球で誕生しました。ユーグレナが発見されたのは1660年代です。わかめや昆布と同じ藻の仲間で、体長は約0/05mmで、髪の毛の太さよりも小さい緑色の微生物です。光合成を行い栄養分を体内に蓄えます。また、細胞を変形させて動物のように動きます。小さいながら、植物と動物の両方の性質を持ち合わせています。1950年代にユーグレナを用いた光合成の研究が行われ、1970年代にはアメリカ航空宇宙局にて宇宙開発の視点で注目されました。ユーグレナが太陽光と二酸化炭素で育つこと、そして乗務員の呼吸によって出た二酸化炭素がユーグレナの成長を促し、結果として酸素が得られるという二重のメリットがありました。1990年代には、ユーグレナを使った医療品の開発や二酸化炭素固定などが行われました。2005年に、ついに日本で世界初となる食品としての屋外大量培養に成功しました。

食品としてのメリット

動物と植物両方の特徴を持つユーグレナは、野菜や肉などに含まれるビタミン、ミネラル、アミノ酸、DHA、EPAなど、59種類もの栄養素を含んでいます。人間が生きていくために必要な栄養素の大半を含んでいます。また、特有の成分として、β-1,3グルカンの高分子体である天然物質、パラロミンを持っています。パラロミンは食物繊維のような構造でこれ自体は吸収されずに排出されるのですが、体の中に存在する余分な中性脂肪やコレステロールなどを吸着する働きが期待されています。ユーグレナのこれらの栄養素は、免疫力の維持、がん予防、生活習慣病予防、疲労回復効果などが見込めます。