免疫力アップで感染症予防|美しいバストが手に入ると口コミでも評判の高いプエラリア
家族

美しいバストが手に入ると口コミでも評判の高いプエラリア

免疫力アップで感染症予防

錠剤

ラクトフェリンは、インフルエンザやノロウイルスなどの感染症を予防する働きがあるので人気になっています。特に風邪が流行る冬場に、ラクトフェリン入りの健康食品が売れているそうです。ラクトフェリンは母乳や涙、汗などに含まれる糖たんぱく質のことを言います。免疫力を高める働きがあり、生まれたばかりの赤ちゃんに母乳を飲ませたほうが良いのは、こういった理由からだそうです。実際のラクトフェリンの働きは、免疫に働くインターフェロンαの産生になります。ある実験で健康な男性に、4週間ラクトフェリンを摂取したもらったところ、インターフェロンαの生成が高まるという結果になりました。インターフェロンαは、ウイルスや細菌を除去するNK細胞を活性化します。つまりラクトフェリンを摂ることで、免疫力を高められるのです。感染症の予防になるので、積極的に摂ってみると良いでしょう。

ラクトフェリンはインターフェロンαの産生を促す効果がありますが、これは腸内で吸収されることが重要になります。ラクトフェリンはタンパク質です。そのため、食事でとっても胃で分解されてしまったり、加熱調理で壊れてしまったりすると、摂取しても効果が無くなってしまうのです。胃で溶けるタイプのラクトフェリンを摂取する実験を行いましたが、インターフェロンαはほとんど生成されなかったそうです。せっかく摂取しても胃で溶けてしまっては、免疫力を高める効果は期待できません。そのためラクトフェリンは、腸内で溶けるようなコーティングがされている必要があります。牛乳やチーズなどの乳製品にも含まれていますが、腸内に届けることは難しいでしょう。そのため摂取する際は、サプリがおすすめです。しかし胃で溶けては効果がないので、腸溶性コーティングがされているサプリを選びましょう。